« 「あつい」の抑揚 | トップページ | ふと気づく遠州弁 »

「だ」を「な」にすればちっとはましか

遠州弁的言い回し

遠州弁は「だ」音がかまびすしく、それが癇に障る人もあろうやとて。

共通語を遠州弁に変えるというよりも

遠州弁を共通語に変えるにはどうすりゃいいだあという事を勘繰ってみる。

「だ」音が頻繁な理由として考えられるのは「だもんで」・「だ」・「だで」とかいった言い回しによるものであろうか。

まず見苦しいと言われかねない「だもんで」の連呼。これが無意識に出るのが始末に負えないという。

「だもんで」→「なもので」ということである訳で、ということは「だ」を「な」にという意識を持てばよいのではなかろうかと。

「買いに行くのか?」は遠州弁だと「買い行くだ?」となるのだが、じゃあ手始めに「だ」を「な」に変えて「買い行くな?」とすれば少しは印象が変わるかな。「な」以外では「か」でも可か。

「だで」は大雑把にいうと「なので」と「だから」という二種類の意味を持つものであり、これについては「なで」とする訳にはいかないから「なので」か「だから」を使う事を心掛けるしかないだろうかな。

「だら」・「だに」については、「だ」は共通語の「だ」であって方言なのは「ら」・「に」の方であり「だら」→「だろ」・だに」→「だよ」とするものである。

まあ、こんな感じで「だ」を「な」にする努力をすれば少しは共通語っぽくなるかも。

逆に言えば遠州弁の根幹は「だ」に有りといえなくもない。

|
|

« 「あつい」の抑揚 | トップページ | ふと気づく遠州弁 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53014528

この記事へのトラックバック一覧です: 「だ」を「な」にすればちっとはましか:

« 「あつい」の抑揚 | トップページ | ふと気づく遠州弁 »