« あまり使われない「~しよる」 | トップページ | 恥ずからしい その2 »

だあれ その2

遠州弁的言い回し

「だあれ」

遠州弁というようなものではないだろうが、よく使われるので記載。

「そうゆうもんだあれ」という使い方の「だあれ」は遠州弁か?(まあそんなことはなく全国的なものだろうが。)

この場合「だあれ」は「なのさ」と訳せ、「であれ」の変と勘繰れなくもない、が、意味使いは違うのでこの勘繰りに説得力は無い。

「当然見てくだあれ」だと

訳せば「当然見ていくに決まってるさ」とかいったものになる。この場合の「だあれ」は「当然」という意味を表わしていて「当然」を繰り返すことによって強調してると勘繰れる。

「強気」を表わしてるといえるし、身も蓋もない言い方をすれば「理屈とかをこねたり迫力(勢い)で押したりして正当化を図り相手を納得させようとしている」といえなくもない。

例文

「なんかこの廊下えごえごしててばかぼっこそうだやあ。」

「あっちゃん先行きない。」

「やだよを。なんで自分先よを。」

「あっちゃんの方が軽いだもんで  なんかあっても軽くで済むだであっちゃん行くだあれ」

「だあれ」の他にも「さあれ」という言い方があり、使いどころはほぼ同じ。ニュアンスは異なる。

「さあれ」の方が強要っぽさが増す感じになる。

これはまた別の記事とする。

|
|

« あまり使われない「~しよる」 | トップページ | 恥ずからしい その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/53858469

この記事へのトラックバック一覧です: だあれ その2:

« あまり使われない「~しよる」 | トップページ | 恥ずからしい その2 »