« 「やってみ」の派生形 | トップページ | ちょう »

「はあ」を如何に訳すか

遠州弁的言い回し

例えば

「はあもういい加減覚えろやあ」

この場合の「はあ」はなんと訳せばいいのかというのを考えてみる。

もちろん「はあ」は遠州独特というものではない。

普通というか単体においての「はあ」は「もう」と訳すのが妥当であろう。

「はあやっちゃったにい」→「もうやっちゃったよ」

しかしながら例のように

「はあもういい加減に覚えろやあ」

と「はあ」と「もう」が連なる場合には「はあ」はどう訳せばいいのだろうか。

ニュアンスだけでいけば「もうねえ、いい加減に覚えなさいよ」となる。しびれを切らしているとかウンザリしてるとかいった感が籠もる。

直訳だと「もうもういい加減に覚えろよ」。変である。

この場合「はあ」=「もう」というのは合わないという事になる。

これを打破する考え方としては

1、「はあ」は「もう」以外にも訳せる。

2、「はあもう」でひとつの言葉で「はあ」単体とは別物である。

1の「もう」以外に訳せるについては、じゃあなんとするとなるとこれが思いつかない。「既に」(すでに)と固く訳す以外に知恵が浮かばない。

「既に」でいいのかもであるがなんか味気ない。

2については

「はあもう」以外にもこういう使い方をする言い方として「はあやあ」・「はあなあ」などがある。

「はあやあ」は「もう、おい」・「はあなあ」は「もうなあ」と訳すのが適当か。

どちらも「はあ」は「もう」となる。「はあもう」だけ「はあ」を別に訳するというのは特別過ぎる気がする。

例を替えて「はあもうちゃっと覚えよやあ」とすると

この場合の「はあもう」のニュアンスは「我慢の限界」というか「苛々」とかいったものになり、全体を訳すと「いい加減直ぐ覚えろよな」といったところとなる。

これだと「もう」の連呼で苛立ち具合を表わす(強調する)という屁理屈が成り立ちそうである。

「はあ」ってなに?と訊かれたら「すでに」という意味だと答えるのが無難な気がする。

ただし「はあなあ」とかの場合に「すでになあ」と訳すというのは違和感が湧いて「もうなあ」がやっぱ落ち着くものである。

意味としては「既に」ということで間違いなかろうが、共通語に置き換えるにおいて「もう」では都合が悪い場合が生じる。つまり「はあ」は「もう」に近いが同一とまでは言えないのかも。

「はあ」は共通語に置き換える言葉が見当たらない遠州弁独特のニュアンスを持つ言葉だと茶を濁しておこう。とりあえず。

|
|

« 「やってみ」の派生形 | トップページ | ちょう »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57643040

この記事へのトラックバック一覧です: 「はあ」を如何に訳すか:

« 「やってみ」の派生形 | トップページ | ちょう »