« 「みてあげて」→「みたげて」 | トップページ | 「はあ」を如何に訳すか »

「やってみ」の派生形

遠州弁的言い回し

「みろ」を「み」と発する言い方の色々を。

もちろん遠州弁独特というものではない。

「やってみ」→やってみな・やってごらん

「やってみい」→やってみなよ・やってごらんなさいな

「やってみよ」→やってみろ

「やってみよや」→やってみせろ(命令口調)

「やってみしい」→やってみせろ(ニュアンスとしては「やってみなさい」)

なお、「やってみしい」は滅多に聞かないので遠州弁とは言えないかもしれない。でも「やってみっしい」は結構使われるので一応範疇に入れた。

「やってみせえ」はなんか時代劇っぽい共通語で遠州弁ぽくはない。「やってみっせえ」だと遠州弁って感じするけど。

「そこまでいうなら」をつけてみると

「そこまでゆうならやってみ」→熱意に負けて承諾するといった趣。

「そこまでゆうならやってみい」→説得できないようなので「やれるもんならやってみな」といった試すといった勢い。

「そこまでゆうならやってみよ」→強く推すのでこちらが折れて「やれやしないだろうがやってみろ」といった若干むかついてる勢いが付加される(もしくはそう聴こえる)事が多い。

「そこまでゆうならやってみよや」→言う事聞かない奴だ。勝手にしな。どうせ失敗するに決まってると思ってる勢いが強い。ほぼ売り言葉に買い言葉という状態。

「俺は知らないからね」というのが付くとしたら「やってみよ」・「やってみよやあ」辺り。

「みな」・「みろ」を「み」

「来な」・「来い」を「こ」 (駿河では「ご」・「ごう」となるらし)

「しな」・「しろ」を「し」

といった言い方は別に遠州弁というものではなかろう。

「静かにおし!」とかいったのは共通語だろうから。でも古い言い方とは映る。

おそらくこれらは古い言い方で、それが全国的に廃れているものが遠州では残っているといったものであろうかと勘繰るところ。

|
|

« 「みてあげて」→「みたげて」 | トップページ | 「はあ」を如何に訳すか »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57635797

この記事へのトラックバック一覧です: 「やってみ」の派生形:

« 「みてあげて」→「みたげて」 | トップページ | 「はあ」を如何に訳すか »