« ぶしょったい その3 | トップページ | 文字で書くと誤解される遠州弁の言い回し その2 »

くさるけに

遠州弁的言い回し

「くさるけに」

例えば

「くさるけにあるでいいで持ってって」

硬く訳さば

「余る程に有るのでいいから持って行ってよ」

日常的で訳さば

「たくさんあるから構わないよあげるよ」

「くさる」+「け」+「に」という作りと勘繰られる。

「くさる」は「腐らせてしまうくらいに」で「有り余る」ということ。

「け」は「程に」と訳すのが無難なところであり、これだという確証はないが「気味」の「気」を「け」と発しているんじゃないかと勘繰るところ。意味合いとしては「気」でも共通語においての「げ(Ge)」(例として悲しげ・親しげ・用ありげとか)と読む「そのような様子」という意味使いのものが遠州弁では「け」と発せられているのではと妄想される。

「に」は「に」

「けに」という言葉ではないだろうと思っている。まあ「けに」で「程に」としても違うと言える確証はないが。

特徴点は「け」で、他の言葉として

「ようけ」・「いらんけ」などが思いつく。どれもたくさんあるという意味。他の意味使いにおいては「げ(Ge)」であり「け(Ke)」にはならないので「たくさん」という場合のみかもしれないところ。

「ようけ」に関してはネットで調べると「余計」が変じたものという説もあるらしみたいなとこもあるけど、自分的には「よう」+「け」という組み合わせだと思える。まあ、じゃあ「よう」ってなんだ?と問われたら「余」の長音化したもんじゃね?くらいしか言い訳が思いつかない軟弱なものだが。

とにかく「くさるにあるで」だと「腐ってるくらいある」で「腐ってるのもある」って聞こえてそれをあげるというのはなんだかなあであり、あくまで喩えとして使いきれないというもので物は問題ないと言うためには「くさるけに」で「け」が必要なのである。

同様に「いらんけに」も「いらんに」としてしまうと「要らないもの」をあげると聞こえかねないので「け」は重要となる。

|
|

« ぶしょったい その3 | トップページ | 文字で書くと誤解される遠州弁の言い回し その2 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57575667

この記事へのトラックバック一覧です: くさるけに:

« ぶしょったい その3 | トップページ | 文字で書くと誤解される遠州弁の言い回し その2 »