« 遠州弁高座 その39 | トップページ | 遠州弁で母音「あ」を多用してみる »

「じゃんねえ」と「じゃんかねえ」の違い

遠州弁的言い回し

「じゃんねえ」と「じゃんかねえ」

このふたつはどう違うかというのを勘繰ってみる。

例えば

「そんなのめでたいだか?」(そんな事がめでたいのか?)

の受けで

「そりゃめでたいじゃんねえ」

「そりゃあめでたいじゃんかねえ」

だと

「そりゃめでたいじゃんねえ」を訳せば「それはもちろんめでたいよねえ」

「そりゃあめでたいじゃんかねえ」を訳すと「それはめでたいもんなんじゃないの?」

勢いでいくと

「じゃんね」は「だよね」で肯定の同意を求めてる感じ。「じゃんねえ」で「だよねえ」で多分みたいな要素が加わる。

「じゃんかねえ」は「であるよね」でそうなってる・そう決まってるみたいな「普通はそうだよ」と一般論を言ってる感じ。

言い方を代えると

「じゃんね」を使うと自分はそう思うという自分の意見をはっきり言ってる上で「そうでしょ?」と相手に同意を求めてる。

「じゃんねえ」を使うと自分はそう思うんだけれどあなたはどう思う?みたいな確信が持ててない勢い。

「じゃんかね」という言い方は屁理屈的にはありそうだが、実際使いにおいてはまず聞かない。なので多分こういう言い方は無いと思われる。実際使いに於いては「じゃんか」で「当然だろ」という勢い。

「じゃんかねえ」を使うと「普通はそうなのに」といったぶつぶつ(ぼやき)感が付加される事が多い。

|
|

« 遠州弁高座 その39 | トップページ | 遠州弁で母音「あ」を多用してみる »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57608072

この記事へのトラックバック一覧です: 「じゃんねえ」と「じゃんかねえ」の違い:

« 遠州弁高座 その39 | トップページ | 遠州弁で母音「あ」を多用してみる »