« だもんで その5 | トップページ | 些細な変更 »

「気を抜く」→「気い抜く」

遠州弁的言い回し

特に遠州独特といったものではないが

「気を抜く」を「気い抜く」と発する。

「気が抜ける」も「気い抜ける」と言う

つまり「を」や「が」が「い」になるというよりも、正しいかは別にして「を」・「が」は略され「い」は長音で「気~」となるという屁理屈の方がややこしくない。

「おい、気い抜いちゃかんにい」

「はあ駄目じゃん。気い抜けたわあ」

系統としては関西系の言い回しであろうからして、遠州弁は関東と関西が混在しているのだが、これに関しては関西寄りであるといえるのかもしれない。

ちなみに「気は心」を「気い心」と言うかというと、それは無い。

「きをつけて」を「きいつけて」とは言う。

|
|

« だもんで その5 | トップページ | 些細な変更 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57481655

この記事へのトラックバック一覧です: 「気を抜く」→「気い抜く」:

« だもんで その5 | トップページ | 些細な変更 »