« ちょう | トップページ | ドラマの台本を遠州弁に その4の① »

遠州弁の「じゃん」

遠州弁的言い回し

「じゃん」は本家は相模辺りといわれている。

三河でも使うし遠州でも使われる。

遠州で使われてる「じゃん」のことを少し書く。

「じゃん」に「か」とか「ね」・「よ」・「な」等が付く。

「じゃんねえ」を直訳すると

「じゃないよねえ」

と思えがちだが、実際には

「だよねえ」

と訳すのが適当である。

「どうだっていいじゃんねえ」は「どうでもいい事だよねえ」となる。

「じゃんか」を直訳すると

「じゃないか」

となり、こちらはほぼニュアンスが近い、が、実際のところは

「だろうが」

といった語気が荒い(強めの反論)といった感じである。

「どうだっていいじゃんか」は「どうでもいいだろうが」

「じゃんよ」は「じゃないかよ」よ訳せ

「だでさっきっから言ってるじゃんよ」で「だからさっきから言ってるじゃないかよ」

「じゃんな」は「「だよな」と訳すのが無難であろうか。

「明日は晴れるじゃんな」で「明日は晴れるんだよな」

という風に「じゃん」はすべて「じゃない」と訳すことになるのではなく使い方によっては「だよ」・「だろ」とかになったりするものである。

|
|

« ちょう | トップページ | ドラマの台本を遠州弁に その4の① »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57617357

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁の「じゃん」:

« ちょう | トップページ | ドラマの台本を遠州弁に その4の① »