« ちっこい | トップページ | ぶしょったい その3 »

いいや

遠州弁的言い回し

「いいや」

NOという事ではあろうが、用途は「びっくり」・「驚き」という意で用いられる。

女性が用いる。男で発する人はまずいないような気がするところ。

「いいや、そうじゃなくて」とかいう「いいや」ではなく

「嫌」の「いや」に「い」を足して発するという「いいや」。

「いいや、あなたなによを。随分久し振りじゃあん。」

(もしかしたら「いいやあ」というほうが適切かもしれないが)

訳さば「まあびっくり、随分久し振りじゃないの。」

足された「い」は意味を強める効能を持つのだが、古語辞書引くと古語の「い」も意を強めるとある。

もし古語の接頭語の「い」の生き残りだとしたならば、「い」+「いや」と勘繰られるところであるが、嘘くさい部分も多々あるわなあ。古語辞典の説明によれば「動詞の上について意味を強める」とあって「嫌」は感動詞だし。

無難に勘繰れば「いや」の間に「い」を挟んだ、もしくは「いー」と長音してるかということであろうか。

非常に嫌ってるような際に発せられる「いいや」は中の「い」を強く発する抑揚なので「いー」と長音してるのではなく「いい」と「い」の連呼という考え方の方が納得はいくか。

「いいや、もう、なにやってるよをあんたあ。」

この場合、様としては驚きそして叱ってるといった様である。訳すに於いては「いいやもう」→「きゃー」で遠からずや。もしくは「嫌になっちゃう」。

こういうった言い方は他には

「もう」を「もおお」

「おい」を「おおい」

とかが思い浮かぶ。

これらと同じということであれば「いいや」の「い」は意を強める「い」ではないということになりそう。

まあ正体不明ということで。

ただどれもこういう言い方をした方がより強調される勢いになるという効能は確かに感じられる。

最初にも述べたが女性は使う言葉であり、男の場合だと「やあなんだあ」と発すことが多い。

|
|

« ちっこい | トップページ | ぶしょったい その3 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57560238

この記事へのトラックバック一覧です: いいや:

« ちっこい | トップページ | ぶしょったい その3 »