« 「じゃんねえ」と「じゃんかねえ」の違い | トップページ | 遠州弁はつかいどころ・どきが肝心 »

遠州弁で母音「あ」を多用してみる

遠州弁でお遊び

母音の「あ」だらけの文章を考えてみる。しかも遠州弁で。

「やあ あんたさあ はあ だあだあに なあなあで ぱっぱらぱあん なっちゃったじゃんかあ。」

訳は「ちょっと、あなたねえ、もうめちゃめちゃいい加減で支離滅裂になっちゃったじゃないのさ。」

まるさらは流石に無理だいね。

ホントは「やあ」では変で「おおい」を使わないとぎこちない(気持ち悪い)のであるが、「あ」だらけでということで無理繰りに「やあ」を使ったものである。

「あんたさあ」もホントは「あんたねえ」なんだけどね。

|
|

« 「じゃんねえ」と「じゃんかねえ」の違い | トップページ | 遠州弁はつかいどころ・どきが肝心 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57610818

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁で母音「あ」を多用してみる:

« 「じゃんねえ」と「じゃんかねえ」の違い | トップページ | 遠州弁はつかいどころ・どきが肝心 »