« 「そういえば」→「そうゆやあ」 | トップページ | 「気を抜く」→「気い抜く」 »

だもんで その5

遠州弁た行

「だもんで」

ちょっと説明しづらい使い方の「だもんで」をば。

「やっちゃただもんで、帰るにい」

大雑把に訳せば「やり終えたから帰るよ」となるのだが正確ではない。細かく言うと、この訳を逆に遠州弁に直した場合

「やっちゃったもんで、帰るにい」

となって正しいものではない。あくまでそんな感じの訳ということ。

では、どう訳すべきかというと

「やり終えたものであるから帰るとするよ」

といった風になろう。

普通「だもんで」は「だもので」・「なもので」となるものだが、ここで挙げてる「だもんで」は「ということなので」・「ということだから」というもので普通の意味使いではないということになる。

|
|

« 「そういえば」→「そうゆやあ」 | トップページ | 「気を抜く」→「気い抜く」 »

1-2・遠州弁た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57479475

この記事へのトラックバック一覧です: だもんで その5:

« 「そういえば」→「そうゆやあ」 | トップページ | 「気を抜く」→「気い抜く」 »