« 些細な変更 | トップページ | 「どばか」のニュアンス »

遠州弁高座 その37

遠州弁でお遊び

次の共通語を遠州弁に直せ

「見舞いに行くときには何を持って行けばいいんだろうね。」

答え

「見舞い行くとさいにゃ、何持ってきゃいいだいね」

蛇足

味噌は「~するとさいにゃ」

お堅く訳すと「~する時の際には」

砕けて訳さば「~するときには」

「~するときに」は「~するとさいに」となる。

「おじさん家行くさいにあれ忘れんでよぉ。」

  (おじさんの家に行くときにあれを忘れないでね。)

「だいね」ではなく「だかいね」とすると

「だいね」はいくつか心当たりがあるうちのどれがいいのだろうかという相談もしくは選択の勢い。

「だかいね」を使うとまったく分からなくて教えてという指導を受ける勢い。

ある程度の知識・経験があるときには「だいね」、初めてとかで知識・経験がないとかいう場合には「だかいね」という使い分けといえなくもない。

|
|

« 些細な変更 | トップページ | 「どばか」のニュアンス »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57523280

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その37:

« 些細な変更 | トップページ | 「どばか」のニュアンス »