« 「だろ」と「だら」のニュアンスの違い | トップページ | 「うっちゃる」と「ほかる」の違い »

だい その2

遠州弁的言い回し

「だい」

広い地域で使われる言い回しであろうが、遠州でも使うよという事で。

使い方としては

「思ったらすぐやるだい」

「だ」+~の一種と思える。(「だら」・「だあ」・「だよ」・「だな」・「だか」・「だけ」等々)

自身の事について用いた場合、「今から行くだい」(今から行くんだ)というように「だよ」(行為を行う)という意思を強調したような勢いとなる。「行くのさ」と訳しても違和感はないか。共通語の「今から行くんだい」というのとはちょっとニュアンスが異なる。

他人に対して用いた場合、「だい」のニュアンスは諭すというかやわらかく指示・命令するといったものであろうか。「しなさい」ではなく「するんだよ」といった感じとなる。「今から行くだい」だと「今から行くんだよ」といった感じ。

「だ」+「い」で「ね」・「な」・「や」・「の」が付く形もある。

「だいね」は「だよね」と訳すのが妥当と思えなくもないが実際使いから推測すると「もんだよ」とする方がしっくりくる。「思ったらすぐやるだいね」だと「思ったらすくやるもんだよ」。

「だいな」は「だよな」辺りとなろうか。「思ったらすぐやるだいな」だと「思ったらすぐやるものだよな」。

「だいや」は「(な)のかな」というのと「ものだ」。「思ったらすぐやるだいや」は「思ったらすぐやるのかな」または「思ったらすぐやるもんだ」

「だいの」は「~という事だ」。「思ったらすぐやるだいの」は「思ったらすぐやるだね」とすればいいのであろうか。(「~という事だ」だとやけに堅い感じになるので)

|
|

« 「だろ」と「だら」のニュアンスの違い | トップページ | 「うっちゃる」と「ほかる」の違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57293953

この記事へのトラックバック一覧です: だい その2:

« 「だろ」と「だら」のニュアンスの違い | トップページ | 「うっちゃる」と「ほかる」の違い »