« はぶせ その2 | トップページ | 「ありもしん」と「ありもしんに」 »

静岡県の方言「めろう」

言葉の彩?綾?誤?

テレビの地域情報番組(とびっきりしずおか)にて

「メロウヲテンマシテアンデヤル」

さてこれはなんと言ってるのでしょうか。と、静岡県(遠州弁では無い)の方言紹介がなされていた。

正解は

「女性を肩車して遊んであげる」

だそうな。

随分脈絡のない(非現実的な)文章ではあるが、しかしながら、まるまる方言で固めると強引にならざるを得ないのは致し方なしか。

(遠州弁で書くと、

がんこひょんきんな文章だけえが、まあ、まるさら方言にするっちゅうとこんくらいしんとかんなあしょんないこんかあ。)

ま、それはいいとして、「めろう」という言い回しに興味が湧いた。

合ってるかどうかは別にして、この「めろう」を漢字で書くと「女郎」ということにすれば、男は「野郎」で女は「女郎」という対が成り立つなと。

普通「女郎」と書くと「じょろう」と読んで意味合いが異なってしまうけれど、昔はこう呼んでいたとしても不思議じゃないよなとふと思えた。

それとこれってホントに一地方の方言という範疇なんだろうかと。もしかしたら昔はどこでも使っていたものが廃れて一部地域のみが残っていた絶滅危惧種なんじゃなかろうかと。

まあ相当勘繰り過ぎかもですが、なんかそう思えた次第。

蛇足として同じ静岡県民ではありまするが遠州人の私としてはどれも使った事も聞いた事も無いというまったく意味不明の言葉ばかりのものでありました。

|
|

« はぶせ その2 | トップページ | 「ありもしん」と「ありもしんに」 »

4・言葉の彩?綾?誤?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57433051

この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県の方言「めろう」:

« はぶせ その2 | トップページ | 「ありもしん」と「ありもしんに」 »