« 「せずようない」に「いずようない」 | トップページ | 遠州弁ではない 「のら」 »

「ずっか」と「ずっとか」の違い

遠州弁的言い回し

「ずっか」と「ずっとか」

どちらも「ずっと」・「余程」・「大層」とかいう意の言葉であるが、このふたつの違いを勘繰ってみる。

例として

「こっちん方がずっか美味い」

「こっちん方がずっとか美味い」

この場合どちらがより美味いものかというと「ずっか」の方である。

どちらも別の物と比較して美味いと言っているのであるが

「ずっか」は「とっても」で「ずっとか」は「よっぽど」という意が強めで

「ずっか」はあちらは不味いがこちらは美味いという差が大きいと聞こえる。「ずっか」を使うと満足するレベルだと解釈される。

「ずっとか」はどんぐりの背比べほどではないにせよ、あちらに比べればまだこっちの方がという風に聞こえる。従って「ずっとか」を使うと必ずしも満足するレベルとは言い切れない場合が存在する。

|
|

« 「せずようない」に「いずようない」 | トップページ | 遠州弁ではない 「のら」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57363556

この記事へのトラックバック一覧です: 「ずっか」と「ずっとか」の違い:

« 「せずようない」に「いずようない」 | トップページ | 遠州弁ではない 「のら」 »