« 遠州弁高座 その34 | トップページ | 「だろ」と「だら」のニュアンスの違い »

「ばかやろう」より「ばかっつら」の方がまだ穏やか

遠州弁的言い回し

「ばかやろう」と言われるのと

「ばかっつら」と言われるのでは

受け手の印象は違うもの。(あくまで遠州弁において)

「ばかやろう」と言われると単に叱られてると聞こえる。

「ばかっつら」と言われると「おいなにやってんだよ」とかな制止といった風に聞こえる。

このように「注意・警告」という意図で発した場合遠州弁に於いては「ばかやろう」と「ばかっつら」ではニュアンスが違う。

「ばかやろう」は共通語と同様言い方・使いどころにもよるが人格まで否定されてる勢いを感じる。

「ばかっつら」だと行為・行動に対して否定されてるのにとどまる勢いと感じる。

もっとも「まだまし」という程度のものでどちらも言われたくはないことに変わりはない。

そして、あくまで「そう聴こえる」というものであって言い手の本意とは別物である。

|
|

« 遠州弁高座 その34 | トップページ | 「だろ」と「だら」のニュアンスの違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57297812

この記事へのトラックバック一覧です: 「ばかやろう」より「ばかっつら」の方がまだ穏やか:

« 遠州弁高座 その34 | トップページ | 「だろ」と「だら」のニュアンスの違い »