« 遠州弁高座 その35 | トップページ | 「ずっか」と「ずっとか」の違い »

「せずようない」に「いずようない」

遠州弁的言い回し

「せずようない」は「することがない」

「いずようない」は「居心地が悪い・居づらい」

共通点は「ずようない」

「せずようない」は手遅れ(手の施しようがない)という使い方もされる。

分解してみると

「する」での「せ」・「いる」での「い」

「ず」は打消し

「よう」は「用事」の「用」とも「様」とも解釈される。

「ない」は「無い」。(「ない」を「ん」にしたりするのが遠州弁の特徴であるが、この場合には「ん」にはならない。)

「せずんようない」と「いずんようない」・「せずようんない」と「いずようんない」などと「ん」が入る事もあり、この「ん」を共通語に直すと「せずようんない」とかは「が」が相当するものと思える。「せずんようない」とかについては「る」とも勘繰れそうだし「の」とも勘繰れそうでいまいちよく分からん。

意味的に違いがあるかというと

「せずんようない」・「いずんようない」は「することがない(手持ち無沙汰)」・「居てもすることがない(居心地が悪い)」というニュアンスが強い。

「せずようんない」・「いずようんない」は「することがない(手段が無い)」・「居る意味が無い(居づらい)」

とかいった違いがありそうに思える。(厳密ではなくあくまで傾向)

する・いる以外に使われるかというと(実際の所「する」・「いる」以外では聞いた事無いのであるが)

「見る」→「みずようない」→なんかありそう。意味としては「見ようがない」

「蹴る」→「けずようない」→聞いた事無い

「取る」→「とずようない」→聞いた事無い

「盛る」→「もずようない」→聞いた事無い

「去る」→「さずようない」→聞いた事無い

「やる」→「やずようない」→聞いた事無いが「やらずようない」としたらあるかもしれないと思わせる。

「聞く」→「きかずようない」→聞いた事無い

こうして邪推するとありそうなものもあるが大方は「無し」と言えそうである。

|
|

« 遠州弁高座 その35 | トップページ | 「ずっか」と「ずっとか」の違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57368110

この記事へのトラックバック一覧です: 「せずようない」に「いずようない」:

« 遠州弁高座 その35 | トップページ | 「ずっか」と「ずっとか」の違い »