« 「叩く」はややこしい | トップページ | 「だらあ」=「だろうが」という使い方 »

「だらしがない」→「だらしんない」

遠州弁的言い回し

「だらしがない」を遠州弁にすると

「だらしんない」

となる。

「が」が「ん」に変わる撥音便というやつですな遠州弁お得意の。

非常に単純だけれどもこれだけでとても遠州弁らしくなるものである。

「が」を抜いての「だらしない」というのもよく使われる。

勢いとしては「だらしない」を強調したのが「だらしんない」という感じがしなくもないところ。

ちなみに、殆ど使われていないがモロ遠州弁というものだと

「こぐさらぼったい」

似たような使い方の言葉だと

「ぶしょったい」

とかいうのがある。

「こぐさらぼったい」は自分使った事無いのでその使い方やニュアンスは分からないがネットで検索すると「だらしのない様子」とか説明されている。

「こぐさらう」+「ぼったい」というものであろうと推察される。「こぐさらう」もしくは「こぐさる」がどんな意味なのかは不明。

「ぶしょったい」は「不精ったい」という「不精」(ぶしょう)を指すものなので用途は限られている。従って「だらしがない」=「ぶしょったい」とは言いきれないところがある。

例えば「日々の生活んだらしんないもんでだよ」(日々の生活がだらしないからだよ)を「日々の生活ぶしょったいもんでだよ」とは言わない。

|
|

« 「叩く」はややこしい | トップページ | 「だらあ」=「だろうが」という使い方 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57466438

この記事へのトラックバック一覧です: 「だらしがない」→「だらしんない」:

« 「叩く」はややこしい | トップページ | 「だらあ」=「だろうが」という使い方 »