« 遠州弁高座 その23 | トップページ | 遠州弁高座 その24 »

「ちらける」と「ちらかる」

遠州弁的言い回し

「ちらける」と「ちらかる」

「散らかる」は確実に共通語だが

「散らける」はどうなんだろ。共通語という気もするが一応もしかしたら方言的かもと思って記載。つうか、このブログのスタンスは「疑わしきは記載」。

「見れる」と「見られる」の違いと同じといった感じであろうか。

「ちらける」は意識が働いている。つまり「散らかしている」。

「ちらかる」は散乱してる(する)状況を示している。

能動と受動の違いといえるかもしれないところ。

「散らかってる」とは言うが「散らけってる」とは言わない。

「散らけてる」となると故意に(意識して)「散らかしている」ということになる。別の使い方というか変じてというかで「片付けしていない」という意を表すこともある。

「散らけてるで恥ずかしいだけど、まあ上がって。」

  (片付けてないんで散らかったまんまで恥ずかしいんだけど、とにかく入ってよ。)

「散らかってて恥ずかしいだけど、まあ上がって。」

  (散らかっていてお恥ずかしい限りだけど、とにかく入って。)

「散らかってて」の方は原因が自分とは限らない。家族がとか。結果ともいえるか。

「散らけてる」の方は原因が自分にあるという勢いが付く。経過といえなくもないか。とはいっても「散らかしている」=「散らけてる」かというと微妙ではあるな。

「作業終わらんもんでだいぶ散らけてるけど」と「作業終わらないものでだいぶ散らかしているけど」は同じだけど

「子供が散らかしていてむさくるしいけど」を「ガキん散らけててぶしょったいだけど」と言うかというと普通はこういう場合は「散らかして」を使うものであろう。

追記

そういえば「ちらける」には「分散させる」という意味使いもあったっけ。

「塩梅いいようにちらけといてや」(うまい具合に分散させておいてよ)

これが「散らける」と同じ語かどうかは定かではないが。

|
|

« 遠州弁高座 その23 | トップページ | 遠州弁高座 その24 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57050794

この記事へのトラックバック一覧です: 「ちらける」と「ちらかる」:

« 遠州弁高座 その23 | トップページ | 遠州弁高座 その24 »