« 「ねぶつ」を勘繰る | トップページ | 「みるい」と「じゅるい」 »

「なよ」と「ない」の違い

遠州弁的言い回し

例えば

「買いなよ」と「買いない」

これはどう違うか。

「ない」を訳すにおいて「なよ」とするのが自然であるのだが。

しかして「ない」と「なよ」とでは若干ニュアンスが異なる。

「買いなよ」はタメ(同格)の物言いで

「買いない」は上が下へという物言いである。

遠州弁における「なよ」のニュアンスが共通語と違うのかどうかはよく分からないが、意味使いは同じでも立ち位置によって「ない」と「なよ」は使い分けられているものである。

若い衆が「ない」はあまり使わない(使えない)のもこういう理由が存在するからであろうか。

ちなみに下が上にという状況には「買ったら?」とか言うのが一般的であろうか(決して丁寧な言い方ではない)。

蛇足として、他には「なや」・「なあ」などとかいうのもあって

「買いなや」とすると「買いなさいな」といった勢いとなる。

「買いなあ」は言い方にもよるが「買えよな」みたいな強く推奨する勢いとなる。

例文

「う~んどうしっかなあ。今日逃すと二度と買えん気がするだよ。」

「んな悩んでるなら買いない。」

「でもお金足んないだよ。貸してくれるだ?」

「貸せれんなあ。金ん無いなら止めなあ。」

「しっかしなあ、う~ん諦めきれんかも。」

「金足らんで買えんだもんで諦めなや。」

「ない」・「なあ」・「なや」どれも「なよ」に置き換える事が出来るが、全部「なよ」だと単調な言い回しと映る。

|
|

« 「ねぶつ」を勘繰る | トップページ | 「みるい」と「じゅるい」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57251549

この記事へのトラックバック一覧です: 「なよ」と「ない」の違い:

« 「ねぶつ」を勘繰る | トップページ | 「みるい」と「じゅるい」 »