« 「のっそい」は遠州でも使われているか | トップページ | 遠州弁高座 その33 »

だんつく

死語の世界

「だんつく」

お祭りの名称ではない方。

「かかあ」と対を成すのが「だんつく」ということになるであろうや。

ネット辞書には「だんつく」(旦つく・旦的)旦那をあなどっていう語。とある。

辞書の説明には、「つく」は擬人化する意の造語成分。他には「どんつく」・「ぽんつく」。とある。

まあ、全く使われなくなった言葉であろうな。

私だって普段使いで耳にした事は無く、テレビドラマ等で下町風情を醸し出す為に用いられた言い回しとして耳に入ってたくらいで、その入り口であるテレビドラマにおいても最早使われなくなって久しい気がするところ。

でも、なんだろ。軽蔑とか悪口言う為の言葉じゃなくてむしろ愛情の裏返しというか照れまじりの親密を表わす言葉という印象が強くて、辞書などのあるようなのとは意が違うように思える。

|
|

« 「のっそい」は遠州でも使われているか | トップページ | 遠州弁高座 その33 »

4・死語の世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57272676

この記事へのトラックバック一覧です: だんつく:

« 「のっそい」は遠州でも使われているか | トップページ | 遠州弁高座 その33 »