« せんひき その2 | トップページ | 遠州弁高座 その29 »

「それだったら」→「そんだったら」

遠州弁的言い回し

「それだったら」を「そんだったら」と発すのが遠州弁。

勿論必ずこうなるというものではないという前置きを置いたうえで。

「そんだったらゆやへんに」(それだったら言いはしないよ)

「そんだったら」は共通語にすれば「それならば」か「それだったら」ということなのであり、この例文での場合「じゃあいいよ」(ああそうかい)とかいった「あんたを助けないよ・もう知らないよ」といったニュアンスとなる。

他には

「それならば(それだったら)こうした方がいいんじゃないか」といった提案(付け足し)の意において

「そんだったらこうした方がいいじゃんか」とすると「そうじゃなくてこうした方がいい」と意が異なってしまう。なので

「それならば」=「そんだったら」とは言い切れない部分がある。

「それだったら」なら多少近いニュアンスといえようということで。

ちなみにこういう場合には「そんならこうした方がいいじゃんか」と「そんなら」が使われる事が多い。

「そんだったら」に似たようなもので「ふんだったら」と「そ」が「ふ」に変わるというのがあるのだが

「ふんだったら」は「それならば」にニュアンスが近いと感じられ

前の話しに肯定的(付け加え的)な場合「ふんだったら」

前の話しに否定的(別案の提示)というような場合に「そんだったら」

という使い分けがあるかもなあとふと思った。

「黙っててやあ」と言われて

「ふんだったらゆやせんに」は黙ってということに納得して言わないという勢いで

「そんだったらゆやせんに」はああそうかいとムカッと来て言わないという勢いの違いが生まれようかと。

他には「ほんだったら」というのもあり、これは「ふんだったら」とほぼ同じと思える。

「ほれだったら」というものある。これについてはほとんど使わないのでニュアンスについてはよく知らない。

|
|

« せんひき その2 | トップページ | 遠州弁高座 その29 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57160173

この記事へのトラックバック一覧です: 「それだったら」→「そんだったら」:

« せんひき その2 | トップページ | 遠州弁高座 その29 »