« みたい・みたく その3くらい | トップページ | にい その3 »

違うだよ

遠州弁的言い回し

「だよ」そのものは共通語であろうが

繋がり方とか使い方とかがなんか違う。というのが遠州弁。

イントネーションによってニュアンスもけっこう変わる。

遠州独特かは不明。

例えば

「違うだよ」

*「違う」+「だよ」というもの。「が」と「だ」を強めに発するともので違うんだって」・「そうじゃない」。そうじゃないんだと異を唱えている勢いが強い。切実感もお高め。

使い方は「違うだよ。話し最後まで聞いてやあ」(違うんだって。話しを最後まで聞いてよ)

*「違うだ」+「よ」というもの。「だ」だけを強めに発するもので「違うんだなあ」・「そうじゃなくて」。余裕かましてる感が若干ある。

使い方は「そりゃあ違うだよ」(それは違うんだなあ)

*「違う」+「だ」+「よ」というもの。「よ」を強く発しての共通語と同様な「違うんだよ」・「違うのさ」。若干「多分」(おそらく)という勢いがつく。

使い方は「上手くいかないのはやり方ん違うだよ」

*「違うだよを」と「だよ」を「だよを」にすると「違う」と言い切ってる感が増す。

「違うだよを。違うに決まってるじゃん」(違うってば。違うに決まってるだろ)

どれも「ん」もしくは「の」が抜けてるものである。単純にそれだけと言えなくもないが、たったそれだけで共通語ではなくなるという代物。

例文

「あんたまた遅刻してえ。まあた寝過ごしただらあ。」

  (また遅刻なんかしてまったくもう。どうせまた寝過ごしたんでしょ。)

「違うだよ。聞いてやあ。バス来んかっただよ。」

  (違うってば、聞いて。バスが来なかったんだって。)

「うそばっかあ。」

  (また嘘ついて誤魔化すんだから。)

「ほんとだって。」

  (嘘じゃないって。)

ここでの「違うだよ」は「が」と「だ」を強めに発すパターン。

|
|

« みたい・みたく その3くらい | トップページ | にい その3 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57157099

この記事へのトラックバック一覧です: 違うだよ:

« みたい・みたく その3くらい | トップページ | にい その3 »