« 遠州弁高座 その24 | トップページ | 遠州弁高座 その25 »

「違く」は遠州弁っぽくない

遠州弁関連

前にも書いたが

最近よく耳にする言い回し

例えば

「それって違くないか?」

「違ってないか?」というのを

「違くないか?」と言う衆が増えてるけど

「違っちゃいん?」とした方が

遠州弁という気がする。「ちゃ」でなく「て」でもいいか。

「違っちゃいん」とすれば広がりとして

「いんけ?」・「いんかや」・「いんだか?」・「いんだ?」

「て」なら

「てん?」・「てへん?」

等々繋がれる。

「そうじゃなくて」というのを「違くて」とか「違ってはいない」を「違くはない」などと言うとかいった「違く」という言い方は遠州弁っぽくなくむしろ関東方面の言い回しかもという気がする。

ちょっと話しずれるが「違かった」って訳すと「違ってた」でいいのかしらむ。ニュアンスがよう分からん。

最近はテレビの影響大で、遠州でも「違く」を使う衆が増えてると思えるが

邪推だが、関東語が浸みて来てるからそのうち併合されるんだろうかなと。

いやいや、「めちゃ」・「めっさ」は関西発らしいから、ちゃんぽん化がより進むという予想も成り立つか。

別に時代で変化してくもんだから抵抗するつもりはないですけどね。ただついていけないということはあろうな。

|
|

« 遠州弁高座 その24 | トップページ | 遠州弁高座 その25 »

1-3・遠州弁関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56831811

この記事へのトラックバック一覧です: 「違く」は遠州弁っぽくない:

« 遠州弁高座 その24 | トップページ | 遠州弁高座 その25 »