« 遠州弁高座 その29 | トップページ | 遠州弁高座 その31 »

遠州弁高座 その30

遠州弁でお遊び

問題、次の共通語を遠州弁に直せ

「そんな事言われても知らないものは知らないよ」

答え

「つったってしらんもんはしらんよを」

蛇足

「そんな事言われても」→「つったって」。

「つったって」を直訳すると「と言ったって」となり、そういう意味では「そうは言っても」というのが正しいのだろうが、「つったって」には反抗・反論の勢いが強いので聞く耳持ってない勢いがより強い「そんな事言われても」を使った。

「もの」→「もん」・「知らない」→「知らん」。遠州弁ではよくある変化。

「よを」の代わりに「やあ」を使う手もあるが、「よを」は訴えている勢いが強く「やあ」は醒めた(一歩離れた)といった勢いが増す。まあこの場合には「やあ」=「なあ」ということ。

|
|

« 遠州弁高座 その29 | トップページ | 遠州弁高座 その31 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57192185

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その30:

« 遠州弁高座 その29 | トップページ | 遠州弁高座 その31 »