« にい その3 | トップページ | せんひき その2 »

遠州弁高座 その28

遠州弁でお遊び

問題、次の共通語を遠州弁に直せ

「そんなのいちいち覚えきれないよ」

答え

「んなあ いちいちおぼわさらんに」

蛇足

「おぼわさらん」は「覚えられない」とも訳せる。

「とて」を付けて「おぼわさらんとて、いとうんちゃらかんちゃら・・・」なぞとかするとやけに古文っぽくなる。

「おぼわらん」という言い方もある。「おぼわさらん」との違いは「おぼわさらん」が容量オーバーといった勢いで「おぼわらん」は覚える気が薄弱という勢いの違いが感じられる。

「覚える」は「おぼわさる」もしくは「おぼわる」。

ややこしくて自分でもよく分かっていない部分があるのだが、「おぼわらんさった」もしくは「おぼわられんさった」で「覚えられなされた」と丁寧調。「おぼわんさった」は「覚えなさった」。

「覚えなよ」(覚えなさいな)だと「おぼわさりい」辺りか。三河とかだと「おぼわさりん」とかになりそうだな。

「そんなの」→「んなあ」。「そんなのは」は「んななあ」とかになる。

「よ」→「に」。遠州弁の基本。

|
|

« にい その3 | トップページ | せんひき その2 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57178371

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その28:

« にい その3 | トップページ | せんひき その2 »