« 「ちらける」と「ちらかる」 | トップページ | 「違く」は遠州弁っぽくない »

遠州弁高座 その24

遠州弁でお遊び

問題、次の文章を遠州弁に直せ

「どうだ見たか、やはりそうじゃないか」

答え

「ほれみい、やっぱそうじゃんか」

蛇足

「ほれみい」は直訳すれば「ほら見ろ」。ニュアンス的に勝ち誇った勢いが付くので「ほら見ろ」ではちょっと物足りない。

より勝ち誇った感を出すには「ほれみっせえ」を使うのが効果的。

「やはり」→「やっぱ」。まあ遠州弁の基本。「やっぱし」というのもよく使われる。

「そうじゃんか」は「ない」が「ん」に変わっただけではあるが、勢い的に相手をぎゃふんとさせたい意思が籠もるものである。ニュアンスで訳さば「そうであったではないか」といった感じか。

|
|

« 「ちらける」と「ちらかる」 | トップページ | 「違く」は遠州弁っぽくない »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56868872

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その24:

« 「ちらける」と「ちらかる」 | トップページ | 「違く」は遠州弁っぽくない »