« 遠州弁高座 その28 | トップページ | 「それだったら」→「そんだったら」 »

せんひき その2

遠州弁せ行

「せんひき」

以前書いた記事の追記

「定規」のことを言う。

しかし定規ならなんでも「せんひき」と呼称するかというとそうでもない。

例えば製図用の「T定規」(最近は使われていないそうだが)とかを「Tせんひき」とは言わない。

裁縫用のものは「ものさし」と言う。

大工さんが使うのは「さしがね」(指し金・尺金)とか「かなじゃく」(曲尺)。

当然ながら「杓子定規」を「杓子せんひき」とは言わない。

こうだと決めつけるわけにはいかないが、筆箱に入ってるプラスチックの透明な定規のことを「せんひき」と言うのが普通であろう。無論入りきらないような大きいものでも「せんひき」と言ったりはするが。

とにかく曖昧ではあるが、なんでもかんでも「せんひき」と言うわけではないのである。

|
|

« 遠州弁高座 その28 | トップページ | 「それだったら」→「そんだったら」 »

1-2・遠州弁せ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56837890

この記事へのトラックバック一覧です: せんひき その2:

« 遠州弁高座 その28 | トップページ | 「それだったら」→「そんだったら」 »