« 「ら」と「だら」の違い その1 | トップページ | いいにする »

「らあ」と「にい」のニュアンスの違い

遠州弁的言い回し

例えば

「そんなことないらあ」と「そんなことないにい」

このニュアンスの違いをば。

使いどころが同じということもある「にい」と「らあ」

ではどうニュアンスが違うかというと

「そんなことないらあ」

これは「そんなことはないだろう」。勢いとしては否定はしているのだが「多分」という勢いが増す。「無い」と言い切れる根拠(自信)が薄い感じであるが打消しはしている。

語尾を上げると「ないだろ?」と「なあそう思うだろ」と賛同を求めてるものとなる。

「そんなことないにい」

これは「そんなことはないよ」。迷いなく(自信ありげに)否定している勢い。

細かくいえば「に」=「よ」・「にい」=「よう」なので「そんなことはないよう」となるのだが「そんなことないに」とするとニュアンス的に「そんなことはないぞ」といった強めの否定というものになるのであえて「にい」だが「よ」とした。

語尾を上げると「何言ってるんだ」というニュアンスが加味されて「ない」が強調される。

|
|

« 「ら」と「だら」の違い その1 | トップページ | いいにする »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56973836

この記事へのトラックバック一覧です: 「らあ」と「にい」のニュアンスの違い:

« 「ら」と「だら」の違い その1 | トップページ | いいにする »