« 遠州弁高座 その17 | トップページ | 遠州弁高座 その19 »

遠州弁高座 その18

遠州弁でお遊び

問題、次の文章を遠州弁に直せ

「これのどこがいけないというんだろ。」

答え

「これんどこいかんだいね。」

蛇足

「これの」→「これん」。「の」を「ん」という撥音便化。

「どこが」→「どこ」。「が」抜き。つまり助詞抜きというか省き。「が」が「ん」に変わる撥音便化というのもあり。その際は「どこ」を強調した言い方という印象になる。

「いけない」→「いかん」。「ない」を「ん」という撥音便化。

「というのだろ」→「だいね」。厳密には「つうだいね」となるものだが「という」をはしょった言い方というもので。「だいね」は「のだろうね」に相当する。「だいな」で「のだろうかな」。「だいや」だと「のだろうか」。

|
|

« 遠州弁高座 その17 | トップページ | 遠州弁高座 その19 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57015292

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その18:

« 遠州弁高座 その17 | トップページ | 遠州弁高座 その19 »