« 「らあ」と「にい」のニュアンスの違い | トップページ | のえ その3 »

いいにする

遠州弁的言い回し

「いいにする」

広い地域で使われる言い回しで遠州独特というものではなかろうが、とにかく遠州でも使われてるという事で記載。

意味は「よしとする」で特にひねりはないので他所の人に「いいにする」と発しても意味が通じないということはなかろうて。

というか共通語だとばっか思ってた。

ニュアンス的には本当は好くないだろうけどこれでいいやといった妥協という感じで

そういう点は「よしとする」の納得の仕方とは若干異なるものであろう。

が、「まあいい」としてしまうとちょっと。そこまでいい加減なものでもない。

「よしとする」と「まあいいかあ」の中間といった感じであろうか。

「よしとする」が納得であるならば

「いいにする」は妥協で

「まあいい」は放棄に近い離脱?

使い分けがありそうで、較べてみると

「はあ十分やったでよしとしよう」

これだとここまでやったんだから成果はともかく満足しようという感じ。

「はあ十分やったでいいにしまい」

これだと成果も充実度もいまいちだけど納得しようといった感じ。

「はあ十分やったでまあいいらあ」もしくは「はあいいらあ」

これは言い訳っぽく聞こえるし、興味ここにあらずで成果も充実度もどうでもいいといった感じにもとれる。

ところで共通語に「よしにする」って言い方あるんだろか。

「いいにしちゃう」だと上手く誤魔化すみたいな印象を与える。

「いいにされた」という言い方は実際にはあまり聞いた事が無い気がするがなんか上手く誤魔化されたという意味ととれる。というか「いいようにされた」だよな普通は。

|
|

« 「らあ」と「にい」のニュアンスの違い | トップページ | のえ その3 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56985318

この記事へのトラックバック一覧です: いいにする:

« 「らあ」と「にい」のニュアンスの違い | トップページ | のえ その3 »