« おんなし その2 | トップページ | 遠州弁高座 その21 »

遠州弁高座 その20

遠州弁でお遊び

問題、次の文章を遠州弁に直せ

「本当にそう思うよ」

答え

「ホントそお思うに」

蛇足

ポイントは「てにをは」を抜くというところ。遠州弁の基本である。無論全て抜くというものではない。

「そう」を「そお」と表記したのはイントネーションが微妙に違うから。微妙過ぎて説明できないが。

「思うよ」の「よ」を「に」にするのは遠州弁の基本中の基本。「に」を強く発すると同感という勢いが強く、平坦で発すると共感という勢いが強くなる。

ちなみに「に」を「だに」で「思うだに」というのは普通はしない。無理に訳すとすると「思ってるんだよ」と説明してる・訴えてる感じになり同感だ・共感してるとかいう感じのものではなくなる。

他の言い方としては

「ほんとそうだよ」・「ほんとそお思うやあ」

と、色々とある。

|
|

« おんなし その2 | トップページ | 遠州弁高座 その21 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57041005

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その20:

« おんなし その2 | トップページ | 遠州弁高座 その21 »