« 遠州弁高座 その8 | トップページ | 遠州弁高座 その10 »

遠州弁高座 その9

遠州弁でお遊び

問題、次の文章を遠州弁に直せ

「いい加減にしろ」

答え

「たいがいにしよやあ」

蛇足

「しよやあ」でなく「せえやあ」とかでも実際使われているが、「せえやあ」とすると関西っぽくと感じる。

「たいがい」というのは「大概」で「ほとんど」・「大体」・「おおよそ」という意味使いで

「たいがいは知ってるつもりだけど」

みたいなものであるが、ここでの「たいがい」は「いい加減」という意で使われており別種か特殊な意味使いなのであろうか。

ここでも「や」ではなく「やあ」となるのが普通。「や」を用いると怒ってる度合いが強くなる。

なお、イントネーションも「しよや」では「よ」を強く発し「しよやあ」は「「しよ」は平坦「やあ」を強く発すると異なるものとなる。

|
|

« 遠州弁高座 その8 | トップページ | 遠州弁高座 その10 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56844731

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その9:

« 遠州弁高座 その8 | トップページ | 遠州弁高座 その10 »