« 遠州弁高座 その18 | トップページ | おんなし その2 »

遠州弁高座 その19

遠州弁でお遊び

問題、次の文章を年代ごとの遠州弁に直せ

「そうなると、犯人は君ということになるね。」

答え

「だったら、犯人あんたってことんなるじゃんね。」

「つうこたあ、犯人あんたってこんになるだいね。」

「そうするとさいにゃ、犯人あんたっつうこんなるらね。」

蛇足

自分の年齢は若くも無ければじじばばと言われる世代でもないので真ん中(二つ目)以外はちと無理繰りかもしれない(つまり自信がない)が

まあこんな感じということで。

「だいね」の代わりに「だあね」・「だあれ」というのも有りえる。

どれにも共通してるのは「犯人は」ではなく「犯人」と「は」抜きする点。

全てにではないが「てにをは」が省かれる事が多いのは確かであろう。「てにをは」を上手く省くのが遠州弁のコツと言えなくもない。

|
|

« 遠州弁高座 その18 | トップページ | おんなし その2 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/57015373

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その19:

« 遠州弁高座 その18 | トップページ | おんなし その2 »