« 遠州弁高座 その14 ② | トップページ | 遠州弁高座 その14 ④ »

遠州弁高座 その14 ③

遠州弁でお遊び

問題、次の文章を遠州弁に直せ

「って、おいなにやってんだよ。どうして左に曲がるんだよ。」

答え

「って、ばかっつう。なんで左曲がるだあ。」

蛇足

「おいなにやってんだよ」→「ばかっつう」。他には「ばかっつら」というのもある。要は馬鹿野郎ということなのだが、遠州弁の「ばか」は喚起を表わす用途というのが多く、そこいら辺は共通語の「馬鹿」とは大きく違うところであろうか。

「なにやってんだよ」は省いているがこれだけを遠州弁に直すと「なにやってるだあ」となる事が多い。イントネーションは「なに」は平坦で「やってる」の「て」を強めに発す。

「どうして」→「なんで」。傾向として「どうして」よりも「なんで」を使う事が多い。

「曲がるんだよ」→「曲がるだあ」。「だら」・「だに」ばかりが注目されがちであるが「だ」+何々というのは他にも色々とある。例えば「だで」・「だん」・「だか」・「だや」などなど。さすがに「だす」は無いがとにかくいろいろあるのである。

|
|

« 遠州弁高座 その14 ② | トップページ | 遠州弁高座 その14 ④ »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56841982

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その14 ③:

« 遠州弁高座 その14 ② | トップページ | 遠州弁高座 その14 ④ »