« 「ど」が付いた時のイントネーション | トップページ | 「こむつかしい」と「どむつかしい」の違い »

「だで」と「だもんで」は別物

遠州弁的言い回し

「だで」と「だもんで」

同じ時もあるが違う時もある。

以前書いた記事において「だもんで」の略した言い方が「だで」であろうかと記したが、

そういう使い方以外にも、「だもんで」と「だで」はそのニュアンスが異なる使い方が有るよなあと思えたので。

接続詞やら終助詞やらいった小難しいことはここではとんじゃかなくして

使われるところが同じなのでどちらも同じという感覚になりがちであるが

しかし

「だで」は「「だから」

「だもんで」は「なもので」

といったニュアンスの違いは存在する。

「だでさっきからそうゆってるらあ」(だからさっきからそう言ってるだろう)

「だもんでさっきからそうゆってるらあ」(なのでさっきからそう言ってるだろう)

この場合違いというのは左程無い。感情の違いはあろうが。

「だで今から行くじゃん」(だから今から行くんじゃないか)

「だもんで今から行くじゃん」(ということだから今から行くんだよ)

この場合に違いが出てくる。

必ずこういうニュアンスになるというものではないが

「だで」を使うときつい印象になり「ああ分かったよいきゃいいんだろ」みたいな「うるさいなあ」という勢いが付く。自分が納得したという勢いが強い。だから余計な事(言わなくてももいい事)を言うなというニュアンスである。

もしくは「どうだ判ったか」みたいな相手を納得させたといった勢い。

「だもんで」を使うと「判ってくれたか」といった「やっとか」(ようやく)という勢いが付く。相手が納得した・させたという勢いが強い。だろうがといった自分の意見・行動を相手が認めたかといったニュアンスである。

「だで」を使うと若干突き放した感があり「だもんで」を使うとそれが多少和らぐ気がする。

もっとも言い方にもよろうが。

|
|

« 「ど」が付いた時のイントネーション | トップページ | 「こむつかしい」と「どむつかしい」の違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56687074

この記事へのトラックバック一覧です: 「だで」と「だもんで」は別物:

« 「ど」が付いた時のイントネーション | トップページ | 「こむつかしい」と「どむつかしい」の違い »