« 「つみくる」より」ちみくる」の方が痛い | トップページ | しょおない »

「のう」・「のし」より「のえ」

遠州弁的言い回し

「のえ」

遠州だけとかじゃなくて全国的に使われるものであるが

使用度としては「のう」や「のし」とかよりもは遥かに多いと思えるのが遠州らしいところでは。

「そうだ」に付くとしたら

「そうだのう」よりも「そうだのし」よりも

「そうだのえ」という方が遠州弁っぽい。

言葉としては「だのう」・「だのし」・「だのえ」とかではないのかという考え方も湧くが

「わしやっちゃいんのえ」(私はやってはいないなあ)・「わしやっちゃいんでのえ」(私はやってはいないからなあ)とかいった「だ」が付かない使われ方とかもあるので「のえ」という言葉なんだろうかなと。

「のえ」は辞書には載っておらず、ネット辞書には

上代東国語「なへ」の転。上代東国語の打消しの助動詞「なふ」の連体形・已然形「なへ」に同じ。・・・と、訳のわからない(小難しい)事が書かれてあった。例文も「万葉」なる文字が入ってたくらいで現代文ではなかった。なので遠州弁との関連についてはよく分からない。

もうひとつは奥備後の言葉として

同等もしくは目下の相手に同意を求める際に使われる。「のおえ」に同じ。

とあって、こちらの方は遠州弁とほぼ同じである。若干違うところは「のえ」を強調した(つまり強要度が増す)ものが「のおえ」という点。「のえ」が「だろ?」であるとしたら「のおえ」は「だろ?違うかぁ?」くらいな勢い。

使用する世代は年齢お高めで、若年層が使うことは無い。昔みんな使ってたものが若い世代が使わなくなったという事よりも相応しい歳に達したら使うようになる物言いと思えるところ。

ところで「のし」ってどこの言葉なんだろ。

蛇足だが

「そうじゃのう」と「だ」ではなく「じゃ」と使うというのは遠州弁っぽくない。というか「じゃ」は使わない傾向が強い。

無論「私じゃいけないのか?」というのを「わしじゃかんだけ?」といった「では」という意での「じゃ」は使うし「だ」に変わるというものではない。

|
|

« 「つみくる」より」ちみくる」の方が痛い | トップページ | しょおない »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56532231

この記事へのトラックバック一覧です: 「のう」・「のし」より「のえ」:

« 「つみくる」より」ちみくる」の方が痛い | トップページ | しょおない »