« 遠州弁高座 その6 | トップページ | 遠州弁高座 その7 »

どあたまくる その2

遠州弁的言い回し

「どあたまくる」

共通語で分解すると

「ど」+「頭に」+「くる」

実際の発声は「どあ」+「たま」+「くる」。強く言うのは「あ」・「た」・「く」。

それほど理解できない変化というものではなかろうが、こういう言い方するのは遠州くらいじゃなかろうかと思って記載。

頭にきてる度合いとしては、「プンプン」といった程度で、他の言い方と比較すると(他にも色々あるが)

「むかつくう」<「あたまくる」<「どあたまくる」<「おこれる」<「おこれてしょんない」

といった感じであろうか。

「やっきりこく」とは微妙にニュアンスが異なって「やっきり」は「忌々しい」(いまいましい)という勢いで「どあたまくる」は「腹立たしい」という勢いの違い。

例文

「行列並んでたら、いきなし割り込んできてしいらん顔してる奴居て、どあたまきたや。」

「おこれたなら注意してやりゃあよかったじゃん。」

「あんなのたあ関わりたくないもん。」

|
|

« 遠州弁高座 その6 | トップページ | 遠州弁高座 その7 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56797161

この記事へのトラックバック一覧です: どあたまくる その2:

« 遠州弁高座 その6 | トップページ | 遠州弁高座 その7 »