« 目指すまるさら遠州弁 その7 | トップページ | 「ど」が付いた時のイントネーション »

なんかいいだよ

遠州弁的言い回し

「なんかいいだよ」

遠州人からすると一見共通語っぽく思えるが、なんのこたない、さりげなくモロ遠州弁だろうな。

「なんかいいだよ」

共通語だったら「なんかいいんだ」とかになろうものを

少し足したりして「なんかしらんがいいだよ」となるとより遠州弁っぽくなる。

味噌は「いいだよ」であろう。

「ん」抜きが特徴となるのか「だよ」の使い方が特徴なのか。

「だよ」のニュアンスは「だな」でニュアンスで訳すと「なんかいいんだな」という感じとなる。もしくは「だよな」。

「そういうもんだよ」は共通語だが「もんだよ」と「いいだよ」の「だよ」は同じな筈であるがなんか別物のような気がするところ。ちなみに「そういうもんだよ」を遠州弁にすると「そうゆうもんだに」となる。

「だよ」以外だと「だ」・「だあ」・「だね」・「だわ」等々がある。(それぞれニュアンスは少しづつ異なるが)。

「いいがね」・「いいだがね」といった名古屋風味は遠州弁としては使わない。

男女共用の言い回しである。

例文

「あんたいっつもそこに座るだねえ。」

  (いつもそこに座るんだねえ。)

「なんかいいだよ。落ち着くっつうか。」

  (なんかいいんだよなあ。落ち着くというかなんというか。)

「飽きゃへんけえいっつもで。」

  (いつもそこで飽きたりとかしないの?)

「飽きんのっ。」

  (飽きないねえ。)

|
|

« 目指すまるさら遠州弁 その7 | トップページ | 「ど」が付いた時のイントネーション »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56683867

この記事へのトラックバック一覧です: なんかいいだよ:

« 目指すまるさら遠州弁 その7 | トップページ | 「ど」が付いた時のイントネーション »