« なんかいいだよ | トップページ | 「だで」と「だもんで」は別物 »

「ど」が付いた時のイントネーション

遠州弁的言い回し

例えば「痛い」に「ど」が付く「どいたい」

個人的には「ど」(度か弩)は共通語だと思ってる。

頻度が凄いというのが遠州の特徴といえるのではなかろうか。

で、遠州弁におけるそのイントネーション。

まあ、共通語とおんなじであろうが、一応違うと困るので記載とした。

「ど痛い」を発するに於いて「「ど」+「いたい」ではない。

「どい」+「たい」である。

「ど恥ずかしい」だと「どは」+「ずか」+「しい」となる。

「ど酷い」では「どひ」+「どい」。

「どやばい」(個人的にはやばいは好きな表現ではない)なら「どや」+「ばい」。

モロ遠州弁の組み合わせだと

「どしょんない」は「どしょん」+「ない」

「どえらい」は「どえ」+「らい」

「ど知らん顔」は「「どじ」+「らん」+「かお」

「ど下手くそ」は「どべた」+「くそ」

いずれも「ど」の次の語を強く発するイントネーションとなる。

若干パターンが異なるものとしては

「ど難しい」は「どむつか」+「しい」と発するのが一般的と思える。「どむ」+「つか」+「しい」でも有りではあろうが。

いづれにしても「ど」+~という切り方の発し方をすることは多分無いと思える。

と、思っていたのだが「ど頑固」は「ど」+「がんこ」となったっけ。って「どがん」+「こ」という言い方もするよなあ。違いとしては「どがん」+「こ」と言うよりも「ど」+「がんこ」と言う方が「とんでもなさ」が強調されてる感じがしなくもないか。

まあとにかく、必ずではなく大抵はというものではあるが、「ど」+~という切り方はされないという傾向が強いというのは言えそう。

他のパターンとしては

「屁をこいた」の「屁」に「ど」を付けた場合

「どへ」+「こいた」となる。「を」が省かれる。

ちなみに「ばか」の場合には

「ばか」+「屁え」+「こいた」という発し方になる。

「ど」を長音化して「どー」とかにはしない。

「どーいたい」とか「どー屁えこいた」とかにはならない。

「どん」という言い方は「どんくさい」とかなら「鈍」というもので別物ではないかと思えたりもするが、長音化は無いが「ん」が付くのはありそうだ。こちらば「ばか」と同じで「どん」+~という切り方が普通であろうか。

「ど速い」は「どばえ~」と「どんばえ~」とどちらも使われるがこの場合「どん」を使った方が「ど」を使うよりも速いを強調してるといった風に捉えられなくもない。

遠州弁っぽいのを探すと

「どんまずい」(度不味い)

「どんまい」(度美味い)

「どんべえ」・「どんべた」(度下手くそ)

「どんべ」(どんけつ)→「どん」+「べり」(びり)の「り」が抜けたものと邪推する。ちなみに「どべり」という言い方は存在する。

「どんばやい」・「どんばええ」(度速い)

「どん」の効能は「ど」を強調する効能がありそうである。

|
|

« なんかいいだよ | トップページ | 「だで」と「だもんで」は別物 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56466917

この記事へのトラックバック一覧です: 「ど」が付いた時のイントネーション:

« なんかいいだよ | トップページ | 「だで」と「だもんで」は別物 »