« 「のう」・「のし」より「のえ」 | トップページ | 目指すまるさら遠州弁 その7 »

しょおない

遠州弁的言い回し

「しょおない」

あまり使われるものではないが、確かに存在はしてるように思える。

多分広い地域で使われてるものであろうが、遠州でも使うよということで。

遠州弁とかいうのではなく遠州ではこういう風に使われてるよというもの。

遠州弁には同じような言葉で「しょんない」というものがあるが

「しょんない」は「しょうがない」・「しょうもない」という両刀意味使いの言い回しで、色味としては明るめで屈託ない傾向が強い。

「しょおない」も「しょうがない」・「しょうもない」の両刀意味使いであるが、こちらは「致し方ない」といった「しょうがない」の意で発せられることが多い傾向にあると感じられる。色味としては苦渋の渋みといった感がある。

「あいつほんとしょんない」ならば「あいつはホントにしょうがないやっちゃ」みたいなどこか憎めないという印象を与える。

「あいつぁほんとしょおない」では「あいつはもうどうしようもない」くらいな勢いで苦々しさが滲み出る感じで舌打ちが聞こえそうな感がある。

元は「しょんない」も「しょおない」も同じであろうがニュアンスは大分異なる。

「しょうもない」の「も」省きと考えられなくもないが定かでは当然無い。

男女共に使う共用語と思われる。

|
|

« 「のう」・「のし」より「のえ」 | トップページ | 目指すまるさら遠州弁 その7 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56500522

この記事へのトラックバック一覧です: しょおない:

« 「のう」・「のし」より「のえ」 | トップページ | 目指すまるさら遠州弁 その7 »