« 遠州弁高座 その5 | トップページ | どあたまくる その2 »

遠州弁高座 その6

遠州弁でお遊び

問題、次の文章を遠州弁に直せ

「少しはこっちの身にもなってよ」

答え

「ちったあこっちの身にもなってやあ」

蛇足

「ちったあ」は基本男の言い方なので女性の場合には「ちっとは」というのがよく使われると思われる。「ちいたあ」・「ちいとは」は少数派であろうか。

味噌は「なってよ」→「なってやあ」

「やあ」であって「や」では無いところがポイント。

「なってや」でも間違いではないのだがこれだと感情的に大分憤ってるもしくはテンパってるとかいった余裕が感じられない勢いになる。言い方変えれば切迫感があるといったところか。

柔らかく言うには「やあ」とするのが味噌なのである。

なお、「こっちの身」を「こっちん身」と「の」を「ん」に変えるという言い方は間違いではないがその場合「こっちん身い」となって言いにくくなるので普通はしないと思える。

|
|

« 遠州弁高座 その5 | トップページ | どあたまくる その2 »

1-3・遠州弁+古語でお遊び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56792193

この記事へのトラックバック一覧です: 遠州弁高座 その6:

« 遠州弁高座 その5 | トップページ | どあたまくる その2 »