« 「~みたいにして」→「~みたくして」 | トップページ | 「だら」はむつかしい その1 »

「だら」は難しい その2

遠州弁的言い回し

「だら」は難しいのである。

無意識に使ってはいるが屁理屈を述べよとなると往生こく(懲り果てる)。

初歩(初級)として「だら」は「だろ」・「だらあ」は「だろう」と訳すと述べてきているが

全てにおいてそれにあてはまるものではない。(だからあえて初歩としているのであるが)

例えば

「遠州弁とどう違うんだろ」

というのを

「遠州弁とどう違うんだら」もしくは「遠州弁とどう違うだら」

とは決してならない。

これが意味が変わるが

「遠州弁とどう違うかだら」

となればこれは有りである。訳さば「遠州弁とどのように違うかだろ」。

ちなみに、「遠州弁とどう違うんだろ」を遠州弁で言うと

「遠州弁とどう違うだいや」・「だかいやあ」・「だいね」

とかいった風になる。

(「遠州弁とどう違うだらねえ」という言い方は存在するがこの場合の「だら」は「のか」と訳せ、「だか」と同種の方の「だら」であろう。)

「だら」は「だら?」と疑問調にしてもほぼ確信してるというか「であろう」という勢いのもので、全く分からない・判断が付かないといった状態に於いては使われないとは言えそうだ。

見当のついてるものに対して「だら」が使われ見当がついてないものには「だら」は使われず「だい」が使われるのかもしれない。

「なんだろうね」という意での「一体なんだろ」を「一体なんだら」とはならない。

「それはこうだろ」は「そりゃこうだら」とは言う。

「変(おかしい)だろう」という意の「そりゃ変だろ」を「そりゃ変だら」とは言う。

言葉の使い方が合ってるかは不安だが、「だら」は推量といっても推定・確認というよりも同調・同意を求めるものではなかろうか。

話し外れるが、「だら」を「ら」にした場合、例えば「行くだら」と「行くら」では

「行くだら」は「行くのではなかろうか」

「行くら」は「行くであろう」

と訳せ、「ら」は自分の意見を述べているもので相手に同意を求めている勢いは少ない。

|
|

« 「~みたいにして」→「~みたくして」 | トップページ | 「だら」はむつかしい その1 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56729425

この記事へのトラックバック一覧です: 「だら」は難しい その2:

« 「~みたいにして」→「~みたくして」 | トップページ | 「だら」はむつかしい その1 »