« 「あいた」 | トップページ | 「うそぉ」と「うそっ」の違い »

これはなんだかなあと感じる遠州弁の使い方 「だら」

遠州弁的言い回し

「一体なんになるのだら」

これは違和感出まくりである。

屁理屈的にでの「ら」=「ろ」・「だら」=「だろ」というのからしたら「一体なんになるのだろ」ということで間違ってはいない筈ということになるのだが。

しかしてこの場合実際においては他人に問い掛ける際には

「一体なんになるだあ」・「一体なんになるよを」

とか言うものである。もしくは自身に語りかけるとかな際には

「一体なんになるだらねえ」

といった自問自答的な独り言に近いものが思い浮かぶ。もっともこれとて「一体なんになるだいねえ」・「だかいねえ」などが普通であるが。

どれも共通してることは「なんになるの」ではなく「の」抜きで「なんになる」という言い方をするのが遠州弁の特徴と言えなくもない。

だからといってそれなら「なんになるだら」にすれば変じゃなくなるのかというと、やはり変である。

屁理屈こねての説明は上手く出来ないが、「ら」・「だら」はどんな使い方においても「ら」=「ろ」・「だら」=「だろ」というものに置き換えられるものではないということであろうか。

もしくは例外というものではなくて「だら」は共通語の「だろ」程に使いどころが広いものではなく、使い方が限られているということであろうや。

まあおそらくは後者の方なんだろうかなと思える。

ちなみに」なんになるのだろ」ではなく「なんになるのやら」という意で「なんになるのだら」としてたとしても違和感出まくりである。

その場合は「なんになるだいやあ」・「なんになるだか」とかになる。

|
|

« 「あいた」 | トップページ | 「うそぉ」と「うそっ」の違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56486624

この記事へのトラックバック一覧です: これはなんだかなあと感じる遠州弁の使い方 「だら」:

« 「あいた」 | トップページ | 「うそぉ」と「うそっ」の違い »