« ですよ | トップページ | 「ほど」→「ばか」 »

ずがるい

遠州弁的言い回し

「ずがるい」

まあ遠州に限った言い方ではなかろうが、とにかく遠州でも使ってるよということでそのニュアンスを。

「とても軽い」と言っている。

話しはちょっと外れるが、「素軽い」(すがるい)となんとなく似ている。意味はちょっと違うが。「すがるい」よりもなお軽快な感じが「ずがるい」としても違和感はないかもしれないところ。かといって「す」の強調形が「ず」になるということでは決してないだろうが。

って、「素軽い」を辞書で調べようとしたら載っていない。ネット辞書にも記載がない。

あれ?と思ってぐぐってみたら競馬用語で「身軽な様」(要はキビキビ)を指すということになっている。

「こずむ」とか「そらつかう」とか遠州弁と競馬用語には共通点が多い。「素軽い」が遠州でも普通に使われてるかどうかはなんともいえないがこれもそうなんだとしたらなにかしらの因縁がありそうだと邪推してしまう。あくまで勝手な憶測に過ぎないが。

で、元に戻して「ずがるい」。反対なら「ず重い」。

「ず」+「軽い」というもので「ず」は「とても」という意を表している。思ってるのと違ってといったニュアンスである。

「ず」と似たような意味使いには遠州弁の定番と言われる「ど」・「ばか」・「がんこ」・「えらい」とかいったのがひしめく中、「ず」をあえて使う理由を勘繰ると

暗くない。つまりこの場合「軽い」ということが好ましい・喜ばしいという事が伝わるからであろうか。他の語は好ましくない・嬉しくないといった陰な気分を伝える使い方もされるが「ず」は大抵陽な気分(好い方に受け取っている)という使われ方がされる。

あまり「ず」は他のと較べると使用頻度は多くないのであるが

例を替えて「痛い」に付けると(あくまで傾向及び個人的解釈である)

「ず痛い」は「おい、いてえなあ」とかいった明るくイテテと言ってる印象を与える。

「ばか痛い」だととても痛いというもので特に状況を彷彿とさせる印象は与えない。

「ど痛い」だと痛くてのたうちまわる(転げまわる・動き回る)印象を与える。

「がんこ痛い」だと痛みを堪えるのに必死な勢いを感じさせる。

「えらい痛い」だとうずくまって動けないくらいの痛みといういう印象を与える。

くどいようだがあくまで個人的見解。

ところで「ずぶとい」

共通語だと「図太い」と書き、ずうずうしくて呆れるくらいだという意のものであるが、遠州弁的解釈だと「とても太い」という意で使われたりもするややこしさがある。さらにややこしいのは「図太い」も「ず太い」もどちらも使われるというところである。

「ず太い」の「ず」を漢字にすると何になるのかは定かではない。

「図太い」の「図」は辞書によると借字だそうで、ここでの「ず」にも「図」が当てはめられるのかどうかも定かではない。

「ど」の強調形で「どん」と言うといった様に「ず」の強調形で「ずん」と言うことがあるかというのは、微妙なところである。

|
|

« ですよ | トップページ | 「ほど」→「ばか」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56538809

この記事へのトラックバック一覧です: ずがるい:

« ですよ | トップページ | 「ほど」→「ばか」 »