« 目指すまるさら遠州弁 その5 | トップページ | これはなんだかなあと感じる遠州弁の使い方 「だら」 »

「あいた」

遠州弁的言い回し

「あいた」

非常にシンプルだが

「飽きた」を「あいた」と発する。

単純であるが、遠州弁らしくなる。まあ、全国的な言い方であろうが遠州でも好く使われるよということで。

「はあ、あいた。」

直訳すれば「もう飽きた。」となるものであるが

ニュアンスで訳すと「もういやになった。」・「やる気が失せた。」といったものになる。

「はあ、あいただか?」(もう飽きちゃったのか?)

「なによを、はあ、あいただ?」(なんだよ、もう飽きたのかよ。)

こうなるとモロ遠州弁という感じになる。

「嫌になる」を「やんなる」と発することが多いのだが

「やんなる」と「あいた」の違いは

「やんなる」は「うんざり」で

「あいた」は「続かない」というもの

「飽きた」と「飽いた」どちらも使うものであって使い分けとかしてるわけではないが、重箱の隅つつくような違いを探すとなれば

「飽きた」は過去(済んだ話し)において飽きた状態を指し

「飽いた」は現在飽きてる状態を指すといった傾向があるかもしれない。

|
|

« 目指すまるさら遠州弁 その5 | トップページ | これはなんだかなあと感じる遠州弁の使い方 「だら」 »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56473975

この記事へのトラックバック一覧です: 「あいた」:

« 目指すまるさら遠州弁 その5 | トップページ | これはなんだかなあと感じる遠州弁の使い方 「だら」 »