« 「ほど」→「ばか」 | トップページ | やれ »

どつまらん

遠州弁的言い回し

「どつまらん」

「ど」+「つまらん」という組み合わせ。

「おもしろくない」と言っている。

関西風の「おもろない」に近いニュアンスであろうか。

発し方は「どつま」+「らん」で基本抑揚付けずにの平坦。

例えば「なにそれ?どつまらんじゃん。」(なにそれ?面白くないな。)

「つまらん」だと不快・非難とかいった強い駄目出しで

「どつまらん」がいまいち・退屈とかいった勢いの駄目出しという感じで使われてるような気がする。たまにくだらない・洒落になってないなどという不評といったような意で使われる事もあろうか。

「つまらん」と言うと角がたちやすいが「どつまらん」と言えば角はたちにくい傾向にある。

なんで強調の意である「ど」が付く方が易しめな駄目出しのニュアンスになるのか屁理屈で説明できないのであるが、実用としては「どつまらん」はツッコミ・洒落・冗談の際に用いられるが「つまらん」はマジの際に用いられているものである。

それでもなお強いて勘繰りを捻り出すとしたら

「つまらん」は冗談として使われることはないが「どつまらん」は冗談として使われている。

「つまらん」はきっぱりと言い切ってる冷酷な感じが漂うもので醒めてる感じがする。

「どつまらん」と「ど」がつくと聞いて損したみたいな負の方であろうとも多少なりとも心が動いてる感じがするからであろうか。

似たような言い方と較べると

「ばかつまらん」はとても人に薦められないとかいった評価・判断といった勢い(批評)に映り

「どつまらん」は自分はそう思ったといった感想という勢いを感じる。

「がんこつまらん」は辟易してるというか二度とは御免だという感じが漂う。

「えらいつまらん」だとよくぞここまでつまらんもんだと逆に感心してる(人に報告したい)かのような勢いを感じる。

独り言として発するのは「ど」と「ばか」で「がんこ」と「えらい」は誰かに向かって発するもので独り言で発することはあまりないように思える。

|
|

« 「ほど」→「ばか」 | トップページ | やれ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56560389

この記事へのトラックバック一覧です: どつまらん:

« 「ほど」→「ばか」 | トップページ | やれ »