« これはなんだかなあと感じる遠州弁の使い方 「だら」 | トップページ | ゆわく »

「うそぉ」と「うそっ」の違い

遠州弁的言い回し

まあ、どちらも共通語(俗語)であって遠州弁というものではなかろうが

遠州で使われてるニュアンスをば

例として「もう帰っちゃったよ」という文に「うそぉ」・「うそっ」を頭に付けた場合

「うそぉ」をニュアンスで訳すと

「え~マジ?」・「そりゃないよ」・「勘弁してよ」とかいったものとなろうか。

勢いとしては「がっくりきてる」度合いが増す。

「うそっ」をニュアンスで訳すと

「本当?」・「嘘だろ?」・「信じられない」とかいったものと思われる。

派生として「やばい」・「マズった」とかいう使い方も考えられる。

勢いとしては「驚いてる・焦ってる」度合いが増す。

他の言い方では

「うそだらあ」

訳せば「うそだろう」・「うそだと言ってくれ」・「冗談だろ」といった感じか。

「うそだあ」

「う」を強く発した場合の訳は「信じない」といった認めない意識が強い勢いとなる。

「そ」と「あ」を強く発した場合の訳は「本当かよ参ったなあ・弱ったなあ」といったどうすりゃいいんだよ感が増す。

「うそこけ」

訳せば「うそつけ」。特に特徴は無い。言い放った感は随一ではある。

|
|

« これはなんだかなあと感じる遠州弁の使い方 「だら」 | トップページ | ゆわく »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56459973

この記事へのトラックバック一覧です: 「うそぉ」と「うそっ」の違い:

« これはなんだかなあと感じる遠州弁の使い方 「だら」 | トップページ | ゆわく »