« どなまいき | トップページ | 「やっきりこいた」と「おこれた」の違い »

「いいけんね」は遠州弁っぽくはない?

遠州弁的言い回し

言わない言い方を挙げてみるのもひとつの手段かと。(全く使わないというわけではないが)

で、今回のお題は

「いいけんね」

「いいけんね」が「いいけどね」という意味で、例えば

「それももちろんいいけどね」(いいけれどもね・いいんだけどさ)というのを

「それももちろんいいけんね」としたら遠州弁的には「?」ということになりはしないか。全く使っていないと言い切る事は出来ないが「っぽく」はないという気がするところ。

遠州弁っぽいのを挙げてみると

「それももちろんいいだけんね」

「それももちろんいいだけえが」

「それももちろんいいだん」

などといった具合で必ずと言えるかは微妙だが、「だ」がどれも含まれるものである。

例を替えて「やってはみたけど」。これだと

「やっちゃあみたけん」というのは無くはなさそう。でもより遠州弁らしいとなると

「やっちゃあみただけん」・「やっちゃあみただけえが」・「やっちゃみただん」

という言い方が「っぽい」ところである。やはり「だ」が入る方のが落ち着く感じである。

「けん」という言い方は広い地域で使われ、遠州でも使われているが地域性(らしさ)でいえば

広島とかでの「じゃけん」・どこが本場か知らないが「やけん」といった風に遠州では「だけん」ということになろうかと。

ちなみに「やってみるね」というのを「やってみるけん」という言い方は遠州ではしない。普通は「やってみるわあ」・「やってみるでねえ」とかになる。

|
|

« どなまいき | トップページ | 「やっきりこいた」と「おこれた」の違い »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56581494

この記事へのトラックバック一覧です: 「いいけんね」は遠州弁っぽくはない?:

« どなまいき | トップページ | 「やっきりこいた」と「おこれた」の違い »