« ドラマの台本を遠州弁に その2 | トップページ | ですよ »

ちゃ・ちゃあ

遠州弁的言い回し

「ちゃ」・「ちゃあ」

人の愛称。以前にも書いたがその補。

自分男なのであくまで男が使うという限定で。女性の場合はよく知らない。

例えば「村田」という人を愛称で呼ぶと

「むらちゃ」・「むらちゃあ」

とすることが多い。

これが同じ遠州でも東(駿河方面寄り)の方だと

「むらさ」・「むらさあ」・「むらっさ」

とする傾向になるような気がする。もっとも姓の場合であって名の方だとこの「さ」・「さあ」はうちらんとこでもけっこう使われたりしてる。

このように同じ遠州でも地域によって異なることもあり、遠州ではといった一括りで言えないところがあるのだが、わたしらんとこは「ちゃ」・「ちゃあ」が好く使われる傾向にある。

例を挙げてみる

織田信長だったら「のぶちゃ」・「のぶさ」。織田は愛称では呼びにくい印象がある。

明智光秀だったら「あけちゃあ」・「みっちゃ」。「あけさあ」・「みっさ」とかは言わない(言いにくい)だろうかな。

豊臣秀吉だったら「ひでちゃ」・「ひでさ」。豊臣も呼びにくいが強いて姓をというのなら「とよちゃ」・「とみちゃ」とかならなんとか。

といった感じになる。

共通語での「ちゃん」と似ていそうだが「ちゃん」は舐めた印象を与えるような年下とかに対して使われることがあるものであろうが(あくまで男の場合である)、遠州弁での「ちゃ」・「ちゃあ」は仲間といった横並び(同列)の言い方である。

もっともなんでもかんでもこうなるというわけではなく

例えば「田村」となると「たむちゃ」の他に「たんむう」とか「村田」では「むんらあ」とかなったりもするので、あくまで傾向としては「ちゃ」・「ちゃあ」が多く使われるというものである。

ちなみに「っち」・「っちい」とかいうのは希少の部類に入ると思われ遠州的とは思われ難いと感じているのだが、さてどうだろう。

微妙(愛称で言うほどで無し、さん付けするほどで無し)といった場合には「氏」を付けるというのは遠州でも同じ。

|
|

« ドラマの台本を遠州弁に その2 | トップページ | ですよ »

1-3・遠州弁的言い回し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211000/56524900

この記事へのトラックバック一覧です: ちゃ・ちゃあ:

« ドラマの台本を遠州弁に その2 | トップページ | ですよ »